【RO】事前のシミュは超大事

先日、主題歌発表の影響なのか「君の膵臓をたべたい」がトレンド入りしていたので関連のTLを眺めていたところ、作品を知らずに勝手にホラー扱いしている人たちが思いの外多くてちょっと笑う。
でもタイトルだけ見たらそう思うのも仕方ないよね、わたしもタイトル初見はそう思ったし。
かといって、下手に説明しようものならネタバレしかねないのでお口にチャック。
そんな「君の膵臓をたべたい」は、ちょっと合わなかったというのがわたしの感想。

なお、他のトレンドキーワードに「サヨナラ、えなりくん」がありまして、それに関係して「阿部定事件」も入っていてこちらは本気で吹いた。

さてRO。

腰の調子が今ひとつなので、いつでも気軽に切り上げられるようにとソロでくーるくーるしています。
結局いつも通りとも言えますが。

ro2017042201.jpg

そんなジェネさん、手持ちの装備で火力UPを模索していたんです。
大正義熾天使があるので、これを主軸としたステに切り替えた場合、どうなるんだろうとウキウキでシミュってみたわけですよ。
ところがどっこい、カートル狩りだと余り変わらないどころか下手すると逆に下がる始末。
えーマジでぇ……

ATKの数値だけみたら圧倒的に差があって、この先生きのこる爆弾スタイルであれば問題ないんです。
ただカートルでのSTRは思っていた以上に重要で、INTに振るために下げた分が響いたシミュ結果になっていたようです。
勢い余って林檎らず、事前にシミュっておいて助かりました。

やるんだったら、STRとINTを仲良く120にしないと今ひとつっぽいというか。
ただそうするとASPD185の確保が難しく、この場合オーバードブースト前提というホムを育成し直さないと厳しい罠。
ホムの親密度上げって、今のROでの育成において数少ない苦行ですよね。
以前実施していた大規模アンケートでも勿論書きましたが、こちらも緩和してくれないでしょうか。
或いは複数のホム所持可能にするとか。

というわけで、取り敢えずは今のままで夜プロくるくるです。
ぶっちゃけ、わたしとしては十分過ぎるくらいの威力を叩き出しているんですけどね。
だってね、

ro2017042202.jpg

こんなしょっぺぇ装備でも、夜プロの仲良し軍団相手に18K前後のダメージが出せているんですから。

問題はパイロ前提の狩りなのに、武器が別雲剣という点。
えぇえぇ、自身にコートしてますともさ。
なので、そこそこのオプションがついたディーヴァメイスかアックスも探しているところ。

そういえば、別雲剣って何であんなに値上がってるの……
精錬祭前のインフレ?
スポンサーサイト

【RO】もんはうしょきゅう(04/19)

「かぐや様は告らせたい」の5巻が出ていたので買おう(ダイマ

Q.どんな作品?
A.副題に天才たち云々とあるがアホしかいないので気軽に読め

なお、4巻で作者本人が言及していた模様。

というわけで、新鮮なネタのうちにMH話。

「MH」といっても「モリガンのヒップ」ではありません。
あ、モリガンといったら「ヴァンパイア」シリーズのモリガン以外有り得ませんよ?
ただですね、「モンスターハウス」と「モリガンのヒップ」、どちらか選べと言われたら迷わず後者です。
あの時代のカプコンは偉大ナリ……

天の声:もうさ、上の流れから「マンドラゴラは変態」でよくね?
ふぉに:それより「マンドラゴラの変態!」の方が罵倒感出てない?
天の声:それがどうしたあああああ!!!

というわけで、次回PT名の候補を挙げてみました。

マンドラゴラは変態
マンドラゴラが変態
マンドラゴラの変態
マンドラゴラに変態


上2つが能動的で、下2つが受動的な感じですね。

結論:どれも酷い

閑話休題。

ro2017042001.jpg

定番コンソメ味をPT名にしました。
最近話題のピザポテトはわたしが苦手なので却下です。
チーズ自体はそれほど嫌いではないのですが、菓子系のチーズ味って「匂い」より「臭い」に感じてしまうんですよね。
カールのチーズ味は何とか大丈夫、ってレベル。
あ、ピザは好きですよ?

また話がずれた。

参加者数も開始前はすかすかだったものの、

ro2017042002.jpg

最終的には90人超えてました。
昨今のブーストは、精錬祭用に新キャラ用意して持て余している影響だと個人的に考えています。
なので、お祭りが終わった後にどうなるかが気になります。

そんな今回のPTメンバーは、いつもの初初詐欺はさておいてマジモンのお初と思われる方が2名ほどいらっしゃったようなので説明。
をしていたら、他のメンバーから説明やらアドバイスがあったりして本当にありがたいこと。
ありがたいのはこれだけじゃなく、

ro2017042003.jpg

ro2017042004.jpg

「どとうのひつじ」ならぬ「どとうのあなうんす」

よくがんばりました、はなまるあげます。

そんな今回のMH、「重い」や「ラグる」という意見がちらほら聞かれましたが、これは夢幻の影響でしょうか?
個人的には然程感じるほどでもありませんでしたが。

【RO】もんはうしょきゅう(04/12と04/14)

というわけで、相変わらずのRO以外のネタからスタート。

御朱印帳欲しい。
酒は呑めませんが、これというか森見作品を読んでいると電気ブランに口を付けたくなります。
そして漸くmilktubによるOPは感無量の一言。
これでこそ「有頂天家族」のアニメ!

切るつもりでいた「ひなこのーと」2話ですが、尻アングル多くてそんな餌に俺様が釣られクマー状態。
大変すばrけしからん。

というわけで、RO話。

今週は夢幻週間ということで、わたし個人としては実質ノーパッチ週。
あと先週末から腰の調子が今ひとつということもあり、ネタなんぞありません。
だから過去から引っ張り出して今更先週のMHネタです。

04/12(水)の話。

ここ最近は、募集終わった後にお初の方がいるか尋ねるようにしています。
そして学習したふぉにーさん、

ro2017041801.jpg

先に初初詐欺コメントに対して対策するようにしました。
いぇい。
ぱーてぃーりーだーたるもの、すきをみせてはいけませぬ。

そんな隙は見せないけど非力なリーダーさんに代わり、

ro2017041802.jpg

いつも通り頑張ってくれるメンバー。

なおこの時のMH、驚愕すべきはエリア6でしょうか。
当たりの魚を引いたのか、執行MAが超火力だったのか、はたまたその両者だったのか定かではありませんが、あっという間に終わる事態。
それなりにMHに参加してきましたが、一番早かった気がします。

そしてソロPTだったはずなのに、

ro2017041803.jpg

アナウンス流すどこかの神様超怖い。

04/14(金)の話。

どこかの神様が湯たんぽを用意していたのでそちらで。
驚いたのが参加者数で、

ro2017041804.jpg

初級なのに3桁いったよ。
いやホントにどうしちゃったのさ。
俺だよ俺俺!

そんな訳で、倉橋さんがギルマスの七月古書主催(という認識でいいのかな?)のフリマが開催されたので、軽く顔を出させてもらったのでその話。

ro2017041701.jpg

まずは、斯様なお祭りの場を用意していただきありがとうございました。
そして、お疲れ様でした。

言いたいことや伝えたいことは冒頭に持ってきておけば、あとは適当な内容でお茶を濁しても許されると思う人。

そんなわけで、

ro2017041702.jpg

とうとう初会話です。
しました、しちゃいました、させられちゃいました。

これが後の世に伝わる世間を震撼させるあの事件の引き金になるとは……、などという冗談はさておいて。

わたし自身は例の名入りブツをお祭り価格で露店に出してました。
けけけ決して在庫処分とかじゃないですよー?

ro2017041703.jpg

ro2017041704.jpg

やんでれずきがおおくてこわいよぅ(ガクブル

じゃあそんな名前のキャラ作るなって?
ご尤もでございます。

そして終わった後に気付いたこと。
どうせだったら、白羽と黒羽のブローチの在庫処分すればよかった……
需要があるかは分からないけどね。

しばさんも書いてますが、こういう交流が出来る場というのがあるのはいいことですよね。
口下手なわたしもその場の勢いで何とかなりましたし。

というわけで、次回の開催はいつですか?
先日のネタで脳みそ使い果たしたので充電終わるまでだらだらと。

前に書いた気もしますが、兎に角文章を書くのが本気で苦手なんです。
故にああいう内容を扱う時は、いつも以上に見直す回数が多くなりまして。
実際、元となる文章は月曜に書いていたんですよ。
でも、日を置いて見直しすることで気付くことも多いんですよねぇ。

そんなわけで、脳内が糖分を欲したのかどうかはさておいて、唐突にエンゼルパイが食べたくなってのです。
なのでコンビニ行ったんですが、

etc20170414.jpg

このパッケージしか見当たらない罠。
仕方ないので購入しましたけど、何この罰ゲーム。

「心がぴょんぴょんするんじゃないの?」って突っ込まれそうだけど、オタ全てが「ごちうさ」好きってわけじゃないぞ?

そんな「ごちうさ」といえば芳文社だけど、おとぼけ課長が来月で終了してしまうというね。
芳文社も随分カラーが変わったよなぁ。
昔の芳文社といえば、「週刊漫画TIMES」のド劇画調表紙のイメージでしたけど、今やきらら系列の萌え系出版社のイメージを思い浮かべる人が大勢じゃないでしょうか。

そういえば、我が家にどれだけ芳文社作品の単行本があるか軽く調べてみたんですが、

○本の住人
Aチャンネル
GA芸術科アートデザインクラス
HR~ほーむ・るーむ~
NEWGAME!
あっちこっち
あんハピ♪
うぃずりず
うのはな3姉妹
うらら迷路帖
がっこうぐらし!
かなめも
キルミーベイベー
きんいろモザイク
けいおん!
ごきチャ
ご注文はうさぎですか?
ステラのまほう
だって愛してる
たびびと
タマさん
ドージンワーク
となりの柏木さん
トリコロ
ながるるるるるこ
ハナヤマタ
バラエティもーにん
はるみねーしょん
ひだまりスケッチ
ひまじん
ふおんコネクト!
ぽちゃぽちゃ水泳部
まりあ17
みそララ
らいか・デイズ
ラディカル・ホスピタル
レーカン!
一年生になっちゃったら
火星ロボ大決戦!
棺担ぎのクロ。~懐中旅話~
桜Trick
三者三葉
小森さんは断れない!
笑って!外村さん
城下町のダンデライオン
大家さんは思春期!
巴マミの平凡な日常
保健室のつむりさん
夢喰いメリー
恋愛ラボ


真顔にならざるを得ない。

天の声:ごちうさ買ってるじゃねーか!
ふぉに:嫌いとは言ってませんが何か?

そして、新番組に関して適当に感想。

「有頂天家族2」は原作既読。
今期これを見ずに何を見るか。
もうね、出だしの矢三郎の語りからアカン。
「阿呆」って言葉を聞くだけで何かこみ上げてくるものがあるんです。
いやー、ホント待ったかいがありました。
そしてEDのfhanaは相変わらずのクオリティ。
ただ1話の時点ではOPのmilktubが聴けなかったのが残念だけど、2話以降に期待しようそうしよう。
なお「~2」と付いている通り、出来れば前作を見ておいた方が楽しめます。
少なくとも原作に目は通して人物?関係は理解しておいた方がよろしいかと。

「夏目友人帳 陸」は原作既読。
今期これを見ずに何を見るかその2。
深夜アニメなのにシリーズ6まで続いていることが単純に凄い。
何か今期はOPのクオリティがおかしなことになってるし!
そしていつもながらド安定で安心して見ていられますねぇ。
どこか切なくて、だけど何とも優しい作品。
もうちょっとショタっこに若返ってもよくってよ?

最悪、今期はこの2作さえ視聴できれば満足です。

「アリスと蔵六」は原作既読。
導入となる初回を1時間にして、世界観に没入し易くした構成は大正解だったと思う。
未読派はあのキャラクターからまさかSFモノだとは思わなかっただろうし。

「つぐもも」は原作未読。
見た感想は「これなんてAIC作品?」とでも言いましょうか。
物凄く懐かしい作品を見ている感が半端なくて、具体的には「天地無用!」感。
1話で物理的というか一部粘膜的にひん剥かれる主人公は斬新。

「ひなこのーと」は原作未読。
素材というか題材は気になるけど、兎に角女の子だらけの日常系テンプレ要素てんこ盛りなのは食傷気味といいますか……
もうちょっとだけ付き合ってみようと思います。
なお、高校生が劇をする作品というと「ひとひら」を思い出す人。

「ベルセルク(2017)」は原作既読。
アニメより原作の進行をどうにかしろよおおお!!!
CG臭さは前作同様で、気にならないわけはないんだけど、まぁ、うん。
モズクズ様大変身までやるの?

「恋愛暴君」は原作未読。
ハーレムモノっぽいけど、兎に角ヒロインが変なのというか酷いのしかいない。
とりあえず継続?

「ラブ米」は原作未読。
って原作あるんだよね?
内容は説明し辛いけど、ギャグが滑っているのが見ていてキツイ。
キャストが豪華な分、何とも勿体無い。
あと主題歌。
オリジナルソングを歌っていたのは確かに米米クラブだけど、作品のカラーには今ひとつあってないというか。
米米ならもっとおふざけしている曲あるでしょうに。

「信長の忍び-伊勢・金ヶ崎篇-」は原作既読。
こちらは前期に引き続き視聴。
そもそも原作の出来がいいところに、5分アニメという組み合わせはテンポの良さと相まって抜群。
原作マジお勧め。

「ID-0」はオリジナル?
どうやら宇宙海賊な話らしく、全然違うけど何故か「モーパイ」を思い出しました。
それより、もう聴くことが叶わないだろうと思っていた田中一成のお声をアイキャッチボイスで聴けただけでも……
あと、デザインに村田蓮爾の名前があったので継続。
画集を買ったり個展に足を運ぶ位に好きなデザイナーです。

「僧侶と交わる色欲の夜に・・・」は原作未読。
タイトルから過剰に期待値が上がっていたせいか、いざ見てみたら何か拍子抜け。
何を期待していたんだお前は。
どうやら配信版が完全版らしいけど、そこまでして見ようとは思わないなぁ。

「月がきれい」はオリジナル?
いやー、甘酸っぱいねぇ。
でもこういう奇をてらわないでのいいんですよ。
少女漫画より少年漫画に連載されていそうな恋愛作品って感じ。

「フレームアームズ・ガール」はオリジナル。
キットは購入組。
思っていた以上に日常系になっていて驚いてはいるものの、これはこれでアリ。
頭空っぽにして見ていられるから継続。
あと、縞がどーのという意見を目にしますが、イノセンティア出てきたらどうするのさ。

「ゼロから始める魔法の書」は原作未読。
ケモナー作品。
小山剛士がケモナーを演じているけど、「うたわれるもの」じゃありません。

上記同様、他にもラノベ原作の作品はあって録画自体はしていますが、うーん……って感じ。
未読だから適当な事言ってますよ?
「マキャベリなんちゃら」とか「エ○マンガ先生」は何か所謂ハーレムモノな空気を感じてますがどうなんでしょ?
そういうのね、ラノベ原作って時点でお腹いっぱいなのに、それを映像化とか胸焼けまっしぐらな感じなのですよ。
アレだよ、海外にある揚げバターみたいな?
バターだけでももたれそうなのに、更に油で揚げるとか胸焼けじゃ済まされないレベルのアレ。

とりあえず、いつも通り新たに始まった作品に関しては録画出来るものは基本的に録画はしています。
機会があれば一通り目を通したいところ。