【雑談】実にカオスだった8月後半

何か「RO」から遠ざかるにあたって色々誤解されていたようですが、わたし自身は腰を除いて健康状態でございまして、アカンかったのは家族でした。

えぇ、「アカンかった」と過去形で書いた通りあっさりと終息を迎えることに。
8月中旬に手術を行って1週間くらいは意志の疎通も出来ていたのですが、その後容態が急変。
どうやら一番の原因であった5キロ弱もある巨大腫瘍の摘出で体力が消耗し尽したらしく、急変してからは実にあっさり。
ステージⅣだったこともあって、ある程度の覚悟は出来ていましたけどね。

夜中に病院からの緊急呼出とか、心電図のモニタの心拍数が0になって担当医が駆け込んでくるとか、ドラマで見かけるシチュエーションをまさか自分が経験するとは思いもよらなんだ。

それにしても、だ。

人が死んだときのお役所や銀行の手続きってもう少し簡略化出来ませんかね。
昔に比べたら随分簡略化というか効率化されているんでしょうけど。
面倒だからってぶん投げるわけにもいかないですからね。
今回を以ってわたしの肉親は皆無になったので、わたしが動かないことにはどうにもならないし。

兎に角、がん検診はきちんとしておけよな!、という事で。
特に女性は男性以上に細胞分裂を頻繁に行う臓器があるから余計だぞ。

なーんて、言ってるわたしが会社の健診すら行ってないから説得力皆無!
あ、大腸がん検診に関しては以前やりました。
胃カメラ以上にもうやりたくねぇ検査です。

検査する前に下剤を飲まないといけないのですが、これがまた慰め程度に味は付いているものの絶妙に不味くてね。
飲み始めは問題無かったんですが、徐々に不味さを感じてきて、且つそれを2リットル飲み干せとか本当に拷問……
当時のわたしは途中でギブアップせざるを得ませんでしたし。
ただこの辺りは結構改善されているらしいというのは耳にしてますけど。

あとはね、カメラが大腸の中を進んでいくわけです。
が、皆さんご存知の通り大腸さんは曲がりくねっているじゃないですか。
だからどうしてもカーブしているところでカメラの向きを調整する必要が出てきまして、かなりの確立で腸壁にぶつかるんですね。
余り衝撃はないとしても、お腹の中から弄られるようなあの感覚は確実に感じられます。
「あゝ、触手プレイってこんな感じなんだろうなぁ」、みたいな?

一応これで「RO」から離れていた要因は無くなったわけですが、流石に今ひとつプレイする気にはならず。
事務的な手続きはほぼ完了したのですが、その反動もあって今は色んなことが面倒臭い。
スポンサーサイト
というタイトルからの、「白衣性恋愛症候群」といふげぇむをご存知でせうか?

製作は工画堂スタジオで、当時はPSPで発売されていたゲームでございます。

PCゲー時代の工画堂スタジオといえば、「シュヴァルツシルト」に代表される硬派なメーカーないめーj……いやちょっと待て。
「覇邪の封印」からしてラスボスがおっぱい丸出しモン娘だったし、「サイキックウォー」ではパートナーの女アンドロイドとくんずほぐれずしていたし、「パワードール」に至っては美女とメカだった、ということを考えるとある意味一貫していたんじゃないかと今更ながらに気付いたわけで。
そうだよ、人工知能シリーズと称して「Emmy」シリーズ出してたじゃーん!

天の声:改めて聞くぞ、お前いくつだ?
わたし:14歳JCだって言ってるでしょ!
天の声:若返ってんじゃねーか!

流石に「Emmy」シリーズはプレイしたことはありませんよ?

話がずれました。

「白衣性恋愛症候群」は良くコンシューマで出せたと思わずにはいられない、「白衣性」と付いている通り舞台は病院の登場人物が大人メインのガチ百合ゲーでございます。
元々はPCで出す予定だったものが諸般の事情でPSPで出すことになったらしいので、そりゃもう色々と遠慮がありません。
世界観からして百合婚が法的に認められている設定というところから推して知るべし。
ネタバレはしませんが、人によっては確実にドン引くレベルのEDを迎えたりします。
当時のわたしもちょっと衝撃に受けるくらい。

簡潔に表現するとしたら、「濃くて重くて綺麗なだけじゃない百合ゲー」

昨今の、キラキラでキャッキャウフフでキマシな作品とは違うこともあり、間違いなく百合好きでも確実に人は選ぶと思います。
それでも、しっかりした作品であるのもまた事実ですので、興味がある方はプレイしてはどうでしょうか。
と言いたいところですが、このジャンルに興味がある方なら間違いなくこの作品知っていますよねぇ……

まーいーかー。

現在は、PSPおよびWindowsで追加要素の入った「白衣性恋愛症候群 RE:Therapy」が出ているのでそちらをどうぞ。
あとは世界観が共通の「白衣性愛情依存症」もね。

勿論、こちらも「濃くて重くて綺麗なだけじゃない百合ゲー」なのは悪しからず。

そうそう、「白衣性恋愛症候群」の違う見方の売りとしては声優陣が豪華なのもあって、「まどマギ」でいうとまどかとほむらの中の人がキャストされている(時系列的には「まどマギ」の方が後ですが)こともあり、このお二人が演技されているキャラの百合を楽しむことが出来るとも言えなくない、かも?

因みに何でこの作品をネタにしたのかというと、「白衣性恋愛症候群」と世界観を共有する「ソルフェージュ」というこちらも見事なまでの百合ゲーがありますが、これの販売元にガンホーが関連していたという微妙な繋がりがあったのを最近ひょんなことから知ったので。
開発自体は工画堂スタジオなんですけどね。

さて、がらりと話を変えてちょっと「RO」の話。
金曜はRAGホとのことなので、時間があればちょいとお邪魔しようかと考え中。
何でこれをネタにしたのかというと、アイテム整理中にDVDの山の中から発掘されたので。

Q. 「ポピーザぱフォーマー」ってどんな作品?
A. 当時はCSのキッズステーションで放送されていた1話5分の子供向け3Dアニメーション短編作品

あらすじを簡単に紹介するのであれば、サーカス団見習い団員のポピーとケダモノという生物?、が織り成すドタバタコメディ。
公式はこちら

こう表現するとそんなに当たり障りの無い作品のように見えますが、そこはわたしが紹介する作品DEATH
この作品にタグ付けをする場合、欠かせないキーワードはシュールブラックジョーク
2話ほど放送取りやめになった回がある、という時点で色々察しましょう。
何でこれをキッズステーションで放送するって判断を下したんだろう……

最近、検索してはいけない単語扱いになっている事実にちょっと笑いました。

この作品を見て爆笑しているのは「ちょっと精神的にヤベェんじゃねぇか?」という思いが無きにしも非ずではありますが、それでも好きなんだから仕方ありません。
わたしはドツボにはまってますが、かなり両極端で好き嫌いが真っ二つに分かれそうな気がします。

上にも書きましたが、短編作品なのでもし気になったら軽い気持ちで見てみるのもどうぞ。
といふか、この作品の1話が30分とかあったら色々危険です。
コラボで、

2017081401.jpg

太腿と膝裏も露な大胆ポーズで屈指のサービスシーンを見せるという、姫という名の作中一番の悪魔というか魔王。
そのまま画像を上げるのは色々アレなので一部モザイクにしてみましたが、より扇情的になった気がしなくもなく。
にほんのもざいくぎじゅつはせかいにほこるべきだとおもいました、まる。

じゃなくて。

あー、わたしも

2017081402.jpg

古見さんに膝枕してもらいてぇなぁ!
無論、その際の顔の向きは下かお腹側に向けてね。

「でも古見さんには只野くん以外は駄目だよなぁ……」とか思ってみたりなんかして。

なお、古見さんを語る上で大事なのはデニール値だと思うのですが、わたし自身は昔よりデニール値に拘りが無くなったように思えます。

天の声:そもそも普通の人はデニール値を気にしねぇ
わたし:まぢで?

さて、仄かに変態チックな流れから有明薄い本祭り3日目の話。

結局参加してきました。
一般でも行くかどうか悩んでいたら、金曜夜に「チケット確保した」という神の一報がありまして、いつもの事ながらお言葉に甘えた次第。

気になったのが、ツゥィッターの方でも呟きましたが東館の空調の効きでして。
開場後は全く意味が無いのは仕方ないとしても、準備中から効きが弱く感じたんですよね。
去年はもうちょい効いていた気がしますが、単なる気のせいだったんでしょうか?

そんな今回の戦利品で一番心ときめいた逸品はこれ。

2017081403.jpg

信玄餅本

信玄餅美味しいよね……

これぞ同人。
これぞ創作。

創作、評論系はもう少し歩き回りたかったのですが、午後に予定があったり、館内が物理的に身動き取り辛い状況も相まって今回は少なめです。

そうだ、ちょっとだけROの話をおまけ程度に。
先週の8/11にRAGホで接続してMH参加してきました。
思っていたより人が多かったですね。
なお、民でソロという中々無茶な参加だったこともあり、店じまいのPT名をアナウンス出来なかった点はちょっと残念だったかも。
あとは初級の12000超えのポイントはまだ交換せず仕舞いなので、流石にこれは何とかしたいところ。
というわけで、MHにてこ入れが入ったらもっかいくらいがむばりたい。

天の声:あるか、てこ入れ?
わたし:どうだろう?
天の声:人の夢で「儚い」だぞ?
わたし:そりゃそうだが

どうでもいい話ですが、我が家のATOKの「はかない」の予想変換第一候補が「穿かない」でした。
……これ俺のせい?
「パンヤ」、お前も終了か!

Q. 貴方にとって「パンヤ」とは?
A. おぱんつ

出だしからこれ。

わたあめ味のグミが売られてましたが、

2017081001.jpg

それ単なる甘いだけのグミなんじゃねーの?、と思い食してみたら予想通り。
ただ、口に入れた瞬間は確かにわたあめの味が再現されててちょっと驚き。
でもグミ自体の味はアレなのでもう買いません。
個人的にはグミに酸っぱさは必要だと思うのですがどうでしょう?

アホガール」がアホです(褒め言葉

バ~ナ~ナ~は~や~しょ~く~♪

久々にぶっ飛んだangelaを聴かせてもらいました。

あと、あおちゃんすげぇ。
「らいか・デイズ」ドラマCDでらいか役だったのに、何でこんなアホになってしまったのか……

何でそんなマイナーなところの比較対象を出してくるかな!

あおちゃんの代表作って何になるんでしょう?
やはりまどマギなんでしょうか?

今期は尺の短い作品がわたしのツボにはまっている感じです。
上記の「アホガール」もですが、「ノラ皇女」や「徒然チルドレン」然り。

通常の30分枠でいえば、「異世界食堂」はかなり危険な飯テロ作品で、あんなの深夜にやっちゃアカンて!

ナナマルサンバツ」は声がね……
原作既読組だからこそ残念。

天使の3P!」は良く知りませんが「まったく、小学生は最高だぜ!!」って言っておけばいいんじゃない?
そういえば、原作にあったそらがビデオカメラ持ったままトイレに行くシーンは流石にカットされてましたね。

天の声:てめー、原作も読んでるじゃねーか!
わたし:SSAにRO-KYU-BUのライブ行ってましたが何か?

さて、今回の本題とも言えるのは、「ゴールデンカムイ」アニメ化という衝撃ニュースが巡った先日。

ほぼ同じタイミングで「封神演義」再アニメ化もありましたけど、「ゴールデンカムイ」アニメ化のインパクトには敵いません、敵いっこありません。

Q. 「ゴールデンカムイ」ってどんな作品?
A. 明治時代の北海道を舞台にした、ウホッっていたりエド・ゲインみたいな個性溢れる野郎共とアイヌお嬢ちゃんが繰り広げるグルメで温泉で獣姦な仲良しほのぼの宝探し道中記

ほのぼので括っちゃ駄目な単語ばかりじゃねーか!
何より問題なのはどれ一つとして嘘は言ってない、ということ。
そもそも"エド・ゲイン"と"ほのぼの"は、絶対、断じて、組み合わせはいけません。
「エド・ゲインって?」という方に簡単に説明いたしますと、その所業内容で多方面に影響を与えちゃった実在した殺人鬼です。
今回に限っては検索されると本気でアカンので予防線張っておきました。

話を戻しましょう。

何でアニメ化しようと思ったのか、というよりよくアニメ化しようと思いましたね。
そりゃ確かに売れていますけど、売れているヤンジャン作品なら「かぐや様」の方が全然アニメ化し易くないですか?
いやこちらもアニメ化しそうな空気出まくってますけど。

日本におけるアニメの倫理的なハードルの基準はホント良く分かりませんからね。
例えば、わたしがアニメ化で驚いた作品に「聖痕のクェイサー」なんてのもありますし。

Q. 「聖痕のクェイサー」ってどんな作品?
A. 女子高生とかシスターのおっぱいから出る母乳(みたいなの)を男女問わず直飲みしてバトルをおっぴろげる作品

馬鹿でしょう?

これまた嘘は言ってないんですよ?
ちょっとWikipediaを抜粋してみましょうか。

アニメ版では「徹底的におっぱいにこだわる」との方針から、女性キャラは胸の大きさの違いだけでなく、胸、乳首、乳輪の形や色もキャラごとに異なっており、乳首の勃起シーンや失禁シーンなどの描写もある。


馬鹿でしょう?

そして「ハクメイとミコチ」もアニメ化。

天の声:この流れで「ハクメイとミコチ」を紹介するなよ……
わたし:うん、これに関しては流石に申し訳ない

面白い作品だけど、円盤とかは売れなさそうだよなぁ……、という原作購読派のわたしの予測。
ジャンルとしては日常系といいますか、絵本の素材にありそうな内容を漫画にしてみた感じ?
何か説明しづらいですね。
他の人に任せようそうしよう。

映像化といえば、「ミスミソウ」実写化に関しては「はぁぁぁ!?」という反応しか出来ず。
どこまでド鬱にするのか、出来るか。
いや、流石にこちらは見たくはありませんが。

映像続きで、実写版「銀魂」は思っていた通りの内容で、お金を払ったことに対して後悔はない作品でした。
本気で予想外だったのは「ジョジョ」。
金ドブのつもりで劇場に足を運んだのですが、こちらもしょぼいコスプレ感は仕方ないとしても、それ以外に関しては及第点を与えられるというか、わたし自身はお金を払ったことに後悔しない内容だったことをはお伝えしておきます。
但し、わたしはハードルが低い方かもしれないの言っておかないと。
かの「デビルマン」を劇場で観た人間だということから察するように。
流石にこれに関しては後悔しかありませんが。

……あぁ、「ガンドレス」も劇場に足を運んでいたわ。
それどころか、

2017081002.jpg

円盤も買っていたわ。

士郎正宗の名前に釣られて観たら、ごらんの有様だよ!

おい誰だゲテモノ喰いとか言っているのは?

さて明日からは有明薄い本祭りではありますが、わたし自身は事情が事情なだけに参加出来るか否か微妙です。
足を運ぶのが決定している方は、くれぐれも体調管理に気をつけて楽しんでください。
週間予報を見ていると、晴れマークが見当たりませんが、だからこそ洒落にならない湿度に気をつけるように。
恐らく東西の連絡通路は人の体温の熱と汗の湿度で眼鏡は曇るだろうな……