スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【RO以外】見事なまでにただの雑記

アニメネタ。

ふらいんぐうぃっち」が終わって初めて難民を意味を噛み締めてます。
いや円盤は全巻予約しているからいいんだけど、だけどそうじゃないんだよ……

このアニメの素晴らしいところは、製作側がこの作品に何が求められているのかをきちんと把握して、それを映像化することに妥協せず、普通ではカットされそうな日常の一部分も実に丁寧に仕上げて「日常系とは斯くあるべし」を実践していること、なんです。
その結果、「面白い」ということは、何もジェットコースターとかお涙頂戴な展開じゃなくても、超作画や超動画じゃなくても、成り立つことを改めて思い知らせてくれました。

調理実習とりんごの摘花作業するだけの30分アニメとか普通やらないよ?
正直、文字起こししたわたしですら、字面だけだと面白い要素なんか感じないし。
だけど、見るとこれがあっという間に30分過ぎちゃうんだよ。
まさに魔法だよ。

凄いよね、本当に。
ここまで歯車がきっちり嵌った作品は中々めぐり合わないって。

正直、放送前は監督と制作会社に不安を感じてましたが、今となってはその不安に思ってたことに関しては「ごめんなさい」しかないです。
と、同時に「この素晴らしい作品を送り出してくれてありがとう」と心の底から感謝を送りたい。

日常系作品が駄目なら仕方ないけど、そうでなければ是非見て欲しい。
いや、「日常系なんて……」と思っている方にも食わず嫌いせずに見て欲しい。

全く、日テレの土曜深夜アニメって時々放送する時間を間違えているよ!
「ちはやふる」然り、「ばらかもん」然り。

正直、今までは「聖地巡礼とかpgr」とか思ってましたが、今夏は弘前に足を運びたい気持ちがヤバイ。

原作ストックが無いのは重々承知だけど、数年後でもいいから是非2期を期待したいところ。
駄目だったらOADでもいいのでお願いします。

そんな「ふらいんぐうぃっち」難民の収容先として、来期は「あまんちゅ!」が挙げられるけどわたしの中ではちょっと違うんだよなぁ……
だからといって「甘々と稲妻」はどうか、と言われればそれはまた違うし。
あ、disってるわけじゃないです。
上に挙げられている作品は全て購入している身なので、内容を知っているからこその意見ってことで。
「あまんちゅ!」はさ、「○○ター」(原作ネタなので伏字)がどうも、「あれ何かこれわたしが求めているのとはちょっと違うぞ?」ってなったんだけどわたしだけかな?
とまぁ色々言ってますが、結局どの作品も見るけどね。

そういえば、夏アニメといえば「ベルセルク」もやるけどどの箇所をやるんだろう?

ゲヱムネタ。

人気ゲーム「シヴィライゼーション」が高校生向けの教材に

アカン(真顔

いやこれプレイしたことある人なら、「結局軍事力が全て」という結論に行き着くと思うんですが。
あとは「ガンジーうぜぇ」
有名なコピペに「ガンジーでも助走つけて殴るレベル」というのがあるけれど、このゲーム、進行如何では「ガンジーでも助走つけて核撃ち込むレベル」になります。
「そんな状況になるプレイをしているお前が悪い」って突っ込みがありそうだけど、言っておくがそんな特殊なことしなくてもしてくるからな?

そして何よりアカンのは、このゲームが時間泥棒だということ。
というか、シド・マイヤーが絡んだゲームはどれも時間泥棒なのばっかりだろ!
学生にシド・マイヤーのゲームをプレイさせるとか、例えるなら猿にオn以下略

そしてゲームといえば、現在Steamでサマセ真っ最中。
実はまだ未開発なので、どこかのタイミングで漁りたいと思います。
相変わらずハスクラ、ゾンビ、ホラー、箱庭系がメインですが。
あ、あとシューティング。
しかしSteamも変わったなぁ。
昔だったら絶対、

etc20160628.jpg

こんな絵柄のソフトを見かけることなかったし。

そうそうSteamさん、上記のような絵柄の作品をお勧めゲームにしてくるの止めてください。

おまけ程度にRO関連のネタ。

結構色んなところで話題になっているけど、非公式のVR化のニュース。

「遊びたい!」とか「実装して!」とか見かけるけど、まぁ難しい話だよね。

世知辛いこと言えば、減収減益になったガンホーが積極的に乗り出すことはないだろうし、そもそも金銭的な問題の前にVRに関してはハードルというか今までのゲームとは違うリスクが高いからね。

何のことかというと、装着者自身への影響、簡単に言ってしまうと「酔い」。

実際、この界隈では昔から「VR酔いをどうするか」ということが課題になってます。
課題というか、常に付きまとう問題かな。
断言するけど、VR普及したらこの酔いに関してイチャモンつける輩が必ず出てくる、間違いない。

この酔いというのは、諸説あったり詳しい原因が判明しているわけじゃないけど、一般的に言われてるのをものすごーく大雑把にいうと、脳みそが知っていることと実際に起きていることのずれから発生する、なんて言われているよね。

今だって3D酔いというのがあるじゃないですか。
あれなんかモニタから離れて多少現実離れしている状況にも関わらず酔っちゃうわけだし、VRといえばHMDで更に視界にダイレクトだから影響がないわけがないんですよ。

もうひとつ大きなファクターがあってそれが、「音」。

視界もだけど、聴覚の影響もこれまた大きいの。

VRといえば大体ヘッドフォンやイヤフォンで更なる没入感を求めようとしてくるので、視覚と聴覚の相乗効果で更に倍!、ってな感じです。

プレイヤーからすれば、「はよ実装してやらせろや」と言うだけなんだけど、メーカー側のリスクを考えたらそう簡単じゃないんだぞって理解はしておくように。

個人的にはね、黎明期のVRハードは許可制というか免許制でもいいんじゃないかと思うんですよ。
年齢制限とか、体調とか、あとは「使用して体調に何があっても自己責任で問いません」の宣誓書を書かせるとかね。

んー、雑談ネタで軽く済ませるつもりが、何か真面目な内容になってしまったでござるの巻。

これもひとえにわたしから滲み出る真面目さのせい、ということか。
スポンサーサイト

COMMENT - 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。