スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【RO】今日のあくびさん(02/21)

他の九井諒子作品を知らない知人が、「ダンジョン飯」4巻を読んで更に濃くなるシリアス展開に戸惑っていました。
いや、そもそもこの作者はこういうのが本道ですよ?
アレかね、これは例えて言うなら押切蓮介作品で「ハイスコアガール」以外を知らないみたいな感じ?
だったら「ミスミソウ」お勧めです☆

天の声:お前言っていいことと悪いことの区別くらいつけろぉぉぉ!!!
ふぉに:誠に申し訳ございません

なお「ミスミソウ」という作品、中途半端な興味だけで読もうとしている方がいれば要注意です。
このわたしが珍しく、嘘偽りなしで超本気で忠告するレベルの内容なので推して知るべし。
押切蓮介で別作品を手に取るなら、「ピコピコ少年」辺りですかね。

天の声:始めからそれを挙げろって
ふぉに:あはい

というわけで、えむいーさん話。

ro2017022101.jpg

無事150を超えました。
150を超えて流石に上がり難さを感じておりますが、夜プロという狩場には本当に頭が上がりません。
VITに振って耐久力も上がったお陰で、

ro2017022102.jpg

相変わらずエフェクトで全く見えませんが、7体までなら問題なく抱え込めるようになりました。
なお、VITに振ったことに関して「何でAGIに振らないの!?」と神様ぷんぷん丸。

(´・ω・`)知らんがな

悪魔祓いの被弾時発動効果を考慮すれば、VITに振って耐えるのはアリだと思うんですけどね。
なお、最終的には満遍なく耐性を求めたいのでフラットに近い形になる予定。
LUKは除外。

そして夜プロをえむいーでやるように改めて疑問に思ったことは、オブジェクト欠損が発生する条件が今ひとつ不明だということ。

以前より数を抱えられるようになったので、より上記現象が発生するかと思ったら然にあらず。
7体抱えて発生しない時もあれば、3体で発生する時もあったりとよくわかりません。
恐らくMobの配置状況だとは思うんですが。
抱えた数が多い時の追いみーはいいんですが、数が少ない時の追いみーは青ジェムが勿体無く感じる貧乏人なので、そういう時はちょっと移動してMEが効いてそうな箇所に誘導してます。

天の声:追いみーって何だ?
ふぉに:追いME
天の声:MEを料理みたいに言うな

それでもジュデのように連打する必要がなく、発動してしまえばあとは放置出来るえむいーはズボラなわたしと相性がいいのでゆるりと楽しんでいます。
何より、数を抱え込んだ時のMEによるダメージ表記の滝流れは気持ちいい事この上有りません。

そして150といえば、

ro2017022103.jpg

時計NM4Fです。
見てのとおり、どうにもなりませんでしたが。
仕方ないですよね、石化も火も風もなーんも対策せずに突貫してしまったんですから、そりゃあすっ転びもしますって。
もう少し対策考えて、改めてチャレンジしてみようとは思います。

そんなわけで、通常狩場として素直に夜プロに戻るのもいいですが、ここ最近は支援として立ち回っていないのでビオモル辺りに参加してみようか考え中。
えむいーは、植樹以外は支援系を大体網羅している器用貧乏なのでどうにかなったりしますし。
スポンサーサイト

COMMENT - 2

倉橋 リセ  2017, 02. 22 [Wed] 00:24

九井諒子先生の短編ではスペースお尺度と魔王城問題が好きです

ミスミソウってあれですよね家族がy
こっちは読んだことはないですが(。。

Edit | Reply | 

ふぉにー  2017, 02. 22 [Wed] 19:53

倉橋 リセさん

九井さんの凄いところは、あの設定ならもっと尺の長い作品が出来そうなレベルなところを短編に収めているところですかね。
星新一のショートショートを読んでいる感覚に近い?

個人的にはこの辺りでしょうか。

湖底の春
かわいそうな動物園
パラドックス殺人事件
支配

実際どれもこれもいいんですけど。

えー、「ミスミソウ」に関しては本気でマジでガチでド鬱なので、そういう作品が駄目なら本気でお勧め出来ません。

Edit | Reply | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。