ジョークを使った遊び方

先日の日記を書いて、ジョークを余り使ってない事が判明したのでどうでもよさげな遊び方を考えてみた。

01) Mobのいるマップでスタートとゴールを決めて、ゴールまでのタイムと道中どれだけMobを凍らせることが出来たか競うゲーム

最短でゴールを狙うとMobの凍結数が稼げないので、その辺りの駆け引きを楽しむゲーム。
けど、一般プレイヤーに迷惑かけないようにとか、凍結Mobのカウント方法とか、色々準備が面倒くさいので却下。

02) 鳥職同士でPTを組み、交互にジョークして先に凍らせた方が勝ちなゲーム

鳥二人いれば場所に拘る必要ないので結構お手軽。
アンフロは脱いで、Mdefの差が激しい場合は±10前後に納めるように装備品で調整して実施。
けど、鳥の知り合いなんていないので却下。

03) 固定Mob、若しくはプラントやきのこを用意して、一度のジョークでどれだけ凍らせることが出来るか競うゲーム

これもMob相手ならジオ園や氷D↓、ケミさんがいればフィールドを拘る必要はなし。
けど、これも一般プレイヤーに迷惑かけないようにとか、プラントや栽培経費が馬鹿にならないので却下。

結局全部却下かよ!
スポンサーサイト

COMMENT 0