約8年振りに復帰してひとまず締めたROと雑談、時々変態

Prev  «  [ 2018/02 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  » Next
プロフィール

ふぉにー

Author:ふぉにー
Affiliation:まんどらごらのおしり
Breidablikでプレイしていたマンドラゴラキャップな民。

なお、当ブログはリンクフリーなので、好きにしてくださって結構です。
というか、大変喜びます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

RO2

ってどうなったの?

公式やWikiを見る限り、プロジェクト凍結というか事実上の中止みたいだけどさ。
それらしい原因らしき記事も見当たらないんだよね。

システム?
バランス?
グラというか、キャラデザに関しては確かに酷かった。
その代わりと言っては何だが、音楽は流石菅野よう子ってクオリティで突出していたな。

あれ、これってよく言われるクソゲーの条件じゃん。

真面目な話、韓国ではあっさり終了したせいで、一度はより日本向けに調整等考えていたんだろうなぁ、と個人的には思ってる。
ただ、昨今の日本は急速にソシャゲによるローリスクハイリターンで利益を求める流れになったからなぁ。
今更ネトゲのような大規模プロジェクトのハイリスクローリターンな博打を打つ事はしたくもないだろう。
それでなくても、「ガンホーと言えばパズドラ」って認識される位に強力なコンテンツを持っているし。

そう考えると、ちょっと寂しいし残念だけど終わったと捉えた方がいいのかもしれない。

つらつらとRO2に関して書いてみたけど、ROだってとても楽観視出来ないよね。
全盛期からみれば接続数なんか月とスッポンでしょ。
確かにWelcomeサービスで新規や復帰者の一時的な増加は見込めるだろうけど、わたしみたいにいざ課金まで、と腰を据えるプレイヤーがどれだけいるか甚だ疑問。

気になるのが、ガンホー内でROはどういう立場なのか?
公式では大層な事が書かれているけど、本音はどうなんだろう。
「RO」というコンテンツで捉えられているのか、「PCオンラインゲームの中の一つ」で捉えられているのか。
似ているようでこの差は色んな所に影響及ぼすからね。

とまぁ、真面目な記事で一つ前の縞ぱんガーターと中和させてみた。

スポンサーサイト

C

omment

P

ost omment


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク集
リンク
Copyright
©Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved. ©GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. 当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。